福祝 (千葉県)

千葉県久留里の酒です。
創業は1716年(享保元年)で、「福祝」の名の由来は、古来からおめでたい行事には
必ず清酒が愛飲されてきたことから、七福神の「福」をとりめでたさが重なるという意味で
命名されました。
生産石数(一石一升瓶で100本)は約300石、
酒質は淡麗の中にも米の旨みが感じられる酒をめざしています。
(蔵の紹介文より)